カイロプラクティックケア
木太院

087-836-9270

上記電話番号をタップすると発信します。

受付時間 10:00~20:00
(日祝を除く)

閉じる

ストレートネック治療

ストレートネック

  • 病院でストレートネックと診断された
  • 肩こりや頭痛がだんだんひどくなっている
  • 頭を後ろに傾けると痛い
  • 猫背になっていると言われた

ストレートネックとは

うつむき姿勢やデスクワークを、長時間続けることにより首の整理湾曲(カーブ)が失われ、首の骨(頸椎)が真っすぐになってしまうという症状のことです。
通常、健康なヒトの頸椎には30度~40度程度のゆるやかなカーブがありますが、カーブが30度より小さくなってしまうことを、一般的にストレートネックと呼ばれます。
この状態になってしまうと、神経圧迫を起こしやすく首や肩の慢性的な疲れや痛み、頭痛や手のシビレ、吐き気、こり感やめまいだけでなく全身の不調につながってしまいます。

ストレートネックになる原因

ストレートネックは、生活習慣の悪さで症状がおこる可能性が高いです。
スマートフォンやパソコンなどで長時間うつむいた姿勢を続けることが、引きがねになる原因です。また猫背のように姿勢の悪さも原因となります。
その他の原因
◇楽器演奏などの特殊な姿勢をとる
◇スポーツ障害(バレー、スノーボード、柔道etc・・・)
◇加齢や老化、運動不足による椎間板の変性
◇転倒や交通事故でのむち打ち
などがあります。

人の頭は大体5~6キロ程度の重さがあり、その重りが体にのっています。その重りを重力分散してくれるのが首の骨(頸椎)だと思ってください。
本来30度~40度ある首の骨の整理湾曲が失われ真っすぐになるということは、重力分散がされず、直接クビや肩に負担をかけてしまいます。 頸椎の角度がなくなると、首にかかる負担は通常の5倍、およそ20キロ~30キロの負担がかかるといわれています。

放っておくと、頚椎症や頸椎椎間板ヘルニアなどの疾患へ進んだり、寝違えを繰り返しやすい状態にあり、自律神経失調症やうつにつながる可能性があるのが怖いところです。

治療方法の選択

<整形外科の場合>
一般的にはレントゲンやMRIで診断して、ストレートネックの症状がみられるときは、肩こりしやすい体質と言われることが多いようです。
治療としては通常、電気治療や首の牽引、シップや痛み止めが中心のようです。

<当院の場合>
固くなっている首や肩の筋肉、関節を細かくゆるめ調整していきます。
ただ、筋肉だけ首だけなどでは症状は良くなっていきませんので、複合的にみて首を支える土台からしっかりとアプローチしていきます。
また根深いストレートネックになると施術だけでは難しく、一旦改善した後に「また戻ってしまった」なんてことも防ぐためにもセルフケアや普段の意識付けも必要になります。
まずは複合的にアプローチできる整体院かどうか見極めてください。
当院はきっとあなたの力になります。

現状の説明、今後の改善方針をお伝えすることが根本改善への近道になります。

健康な首のカーブは、カラダにかかる衝撃を和らげます。
ストレートネックは日常生活での姿勢の悪さがカギになります。
その中でも、最大の原因となっているのはスマートフォン(スマホ病)やパソコン、ポータブルゲームの普及で、今では現代病のひとつとなっています。

住所
〒760-0080高松市木太町2区1868-2谷口ビル1階
電話番号
087-836-9270

駐車場は当院正面か、当院裏の8番にご駐車ください。

受付時間 日・祝
10:00~20:00 ×
研修等で不在の場合以外は対応しますので、ご相談ください。