カイロプラクティックケア
木太院

087-836-9270

上記電話番号をタップすると発信します。

受付時間 10:00~20:00
(日祝を除く)

閉じる

ぎっくり腰治療

ぎっくり腰

  • 腰が痛すぎて歩けない
  • 少し歩けるが腰を動かせない
  • 腰が不安定に感じる
  • 痛くて寝むれない

ぎっくり腰とは、正式には急性腰痛症と言います。

少し前だと正式名ではありませんが「魔女の一撃」と呼ぶことも多々ありました。最近ではあまり言う人はいなくなった気がしますが・・・

そもそもぎっくり腰は急性症状なので、動くことや寝返りをうつことなど、私生活に直接影響してきます。

どのような時にぎっくり腰になりやすいの?

 

□悪い姿勢がずっと続いている

□重たい荷物を持つとき

□洗顔している時

□転んだとき、スポーツで人とぶつかった時

□急激にカラダをねじったとき

 

ぎっくり腰は、ふとした時に起こる症状ですが、ここでも書いているように悪い姿勢が続いていることで起こるケースが非常に多いです。

ですので、痛みが治まってきても悪い姿勢は続いていることから、ぎっくり腰は癖になることが多くあります。

悪い姿勢を続けることで少しずつ、1番負担のかかりやすい腰椎と仙骨の間や腰椎4番5番間などに発症しやすいのも特徴です。

 ぎっくり腰治療で改善されたお客さまの声はコチラ≫ 

ぎっくり腰になってしまった時の応急処置は?

□湿布や氷水などでアイシング

□痛み止めを飲む

□コルセットを着ける

□安静にする

一般的にできる対処法はこれらが挙げられます。ぎっくりを発症した場合、腰部に熱を持っていることが多いので、まずは冷やしてクールダウンさせてください。

熱があるか確かめる時は痛みのでている箇所を手の甲でそっと触ってみると熱を感じやすいです。熱をもっていればすぐに冷やしましょう

安静にしてひとまず痛みが和らぐのを待ちましょう。ただし安静にし続けていても症状の改善は遅いので、少し動けるようになれば、少しずつ動いてみることをお勧めします。

※自分の判断で患部を直接マッサージするようなことは止めておきましょう。

炎症をおこし熱をもっている状態のところをマッサージするということは、火に油を注ぐことだと思ってください。温かいお風呂に入るのも控えておきましょう。

※痛みが和らいで患部に熱もなくなってきたら、温めたほうがよいでしょう。

アナタにはいくつかの選択肢があります

□整形外科を受診する

□近くにある整体院や整骨院に行ってみる

□気合と自力で治す

□当院に来てみる

病院へ行くのもよし、近くの整骨院や整体院にいくのもよし、自力で治すのも当院に来てみることもいいと思います。ただ病院で湿布を貰って痛みがあまり変わらず、近くの整骨院や整体院に行ったけれども良くならず当院へ来院される方を多くみてきました。

当院の施術の特徴は、痛みをとることにも、もちろんフォーカスしますが、なぜ痛みがおこったのかを最も重要視しています。

ぎっくり腰になられた方は特に、痛みがなくなった=原因が治ったとは繋がりにくいので全身のバランスや下肢、足部を整えて、腰にかかる負担を少なくし再発の起こりにくいよう改善へと導きます。

 ぎっくり腰治療で改善されたお客さまの声はコチラ≫ 

また日常生活で気をつけること、お身体の状態など丁寧に説明しますのでご安心ください。

一緒に頑張って治療していきましょう。

高松市でぎっくり腰や腰痛のことなら整体・カイロプラクティックケア木太院まで!

住所
〒760-0080高松市木太町2区1868-2谷口ビル1階
電話番号
087-836-9270

駐車場は当院正面か、当院裏の8番にご駐車ください。

受付時間 日・祝
10:00~20:00 ×
研修等で不在の場合以外は対応しますので、ご相談ください。